夜行バスでディズニーランドに行こう

遠方からディズニーランドに行く場合、日帰りで行くのは難しいです。
宿泊をすることも可能ですが、交通費にパークチケット代、宿泊代を払うとなるとかなりの金額が必要になってしまいます。
あまり費用をかけずにディズニーランドに行く一番良い手段は夜行バスを利用することです。

夜行バスは、新幹線や飛行機よりも交通費が安いのが特徴です。
また、ディズニーランドの駐車場に到着するので、開園から閉園まで丸一日遊べることが出来ます。
他の交通機関を使うと東京駅や羽田空港からパークまで自力で行く必要があります。
重い荷物を持って歩いて移動するのは大変です。
さらに開園時間に間に合わないことの方が多いです。
その点、バスだとパークの開園時間前に到着し開園と同時に入場することが可能なのです。

ディズニーランドに夜行バスで行くには、ネットや旅行会社にて予約するとこが出来ます。
チケット代込みのツアーが格安であります。
日帰りだけではなく、宿泊プランもあります。
それぞれのニーズに合わせて使い分けることが出来ます。

しかし、夜行バスにもデメリットはあります。
新幹線や飛行機に比べて移動時間が長いところです。
長時間同じ格好でいると疲れがたまってしまいます。
疲れがたまったままパークで遊ぶのは大変です。
そうならないためにも、パーキングエリアに到着した時にリフレッシュをしっかり取る必要があります。
費用は高くなりますが、寝心地にこだわったシートや、ブランケットやアイマスク耳栓などといったアメニティーが充実しているバスもあります。
夜行バスはディズニーランドに便利なうえ格安で行ける最高の手段だと言えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です