マナーを守って快適に過ごす富士急行きの夜行バス

ジェットコースターなど家族で楽しめる富士急に行く時に、寝ている間に現地まで連れていってくれる夜行バスを選ぶ方が増えています。

夜行バスをより安全に利用するためにはマナーを守ることが大切で、たくさんの人がいる車内をより快適にすることができます。

座席に座ったらシートベルトを必ず着用します。

偶発的に誰も回避することができないような事態が絶対にないとは言い切れないため、自分の身を守るためにもシートベルトは必要以上にルーズにせずきちんと装着しておきます。

手荷物を通路に置いてしまうと通行の妨げになり大変不便です。

頭上の網棚か重くてのせられない場合や落下の可能性がある場合は、自分の座席の下に収納しておきます。

富士急に行くまでに時間があるため退屈しのぎに音楽プレーヤーを持ち込んだり、
ゲーム機や携帯電話など音の出る機器を使用する場合は音量に気をつけます。特に夜行バスの場合深夜など眠っている方がほとんどのため、漏れ聞こえてくる音は本人以外にとって迷惑以外の何物でもありません。

車内で楽しむのはいいことですが大騒ぎしたり大音量は慎み、イヤホンから音が漏れ出ていないかチェックすることが重要です。

富士急で楽しむために車内では少しでも体をリラックス状態にしておきたいため、リクライニングを倒す場合があります。倒す前には一言声をかけると気持ちよく過ごせ、リクライニング以外に空調やカーテンの開け閉めなども声をかけるとなおいいです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *