香港を訪れた時におすすめの食事を堪能するバスツアー

香港に訪れたときには一度は利用した方がよいオープントップバスは、英国文化の名残を感じることができる二階建てバスの屋根が取り払われた乗り物です。

香港のネオン街を走り抜け、ネイザンロードや女人外などの香港ならではの風景を風を感じながら見ることができます。アジアグルメが集まる香港は、中国四大料理だけでなく旅行中に味わっておきたい料理がたくさんあり、滞在中にはどれを食べるか迷ってしまいます。迷ってしまったときにおすすめなのが香港名物のオープントップバスを利用するバスツアーです。厳選グルメが付いた人気のバスツアーでさまざまなディナーから選ぶことができます。

点心の中でもダントツ人気の小龍包は本場ではお茶と一緒に楽しむものなので、通常お昼ごろから夕食前までに食べるスタイルが伝統的ですが、ツアーを利用すると夕食にも小龍包を楽しむことできます。10~12月に香港に行く場合には、蟹料理が含まれるツアーがおすすめです。上海蟹は10~12月頃が旬で、この時期に上海料理のメニューとして調理されることが多く、甲羅焼きや1匹まるごと蒸す姿焼き、小龍包などで堪能することができます。

肉部分だけでなく、濃厚な蟹味噌も楽しむことができます。香港の朝食の定番のおかゆを楽しむことができるツアーもあります。鶏肉や貝柱などでダシを取って米粒がなくなるまで煮込んだ白粥に、海鮮や豚・鶏肉や野菜などをのせて食べ、日本よりも味付けも濃くしっかりとした食事として楽しむことができます。中国料理の最高峰の一つ北京ダックを楽しむバスツアーもあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *