富士登山2018年のシーズンについて

富士山は世界遺産登録が行われるまでは毎年7月1日を山開きにして来ました。

これは山梨県側のルートや静岡県側のルートに関係なく、7月1日が山開きの日として利用が行われていたものです。山開きは登山をする人や山の関係者の安全を祈願する神事、富士山の場合は静岡県側にある浅間神社の総本山や山梨県側の北口本宮富士浅間神社などで祈願としての山開きが開催されます。

富士登山2018では7月1日が山梨県側、7月10日が静岡県側の予定になっています。予定になっているため、期日が変更になる可能性もあるわけですが、これは富士山が積雪量の多い山であり、登山者の危険を考慮して富士登山2018の期日が変更になる可能性があるなどの意味を持っています。

富士登山2018の登山シーズンを迎える日はあくまでも7月1日もしくは10日の何れかではありますが、積雪量がどの程度減るのかに応じて2018年の入山タイミングは変わります。

7月の初旬は初夏を迎える季節ではありますが、標高3776メートルの頂上は初夏と言っても気温が下がるため、しっかりとした装備を持って山頂を目指すようにしましょう。

登山シーズンは7月の初旬から9月の初旬まで、僅か2か月間しかチャンスがないため、今年こそはと考える人は多いかと思われますが、富士山は9月10日までの登山期間になるので、事前に準備をしっかりと進めておくと良いでしょう。

また、初心者同士だけでの登山は危険ですから、経験を持つ人を必ず同行者とするなども安全な登山を楽しむコツです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *