富士登山2018、山開きと浅間神社

富士登山2018は、山梨県側の吉田ルートでは7月1日、静岡県側の3ルートは7月10日を山開きとしています。

日付自体は2018年も2019年も同じなのですが、豪雪地帯などの理由からも、積雪の量に応じて山開きの時期が異なります。

2018年3月時点ではそれぞれ7月1日と10日の予定になっているもの、残雪状況や気象状況により富士登山2018の変更が行われる可能性もありますので、山開き時期に富士山への登山を計画している場合は、直前での情報を確認した上で登山の準備を行うようにしましょう。

山開きは登山が出来る日などのイメージを持つ人も多いかと思われますが、山開きは登山者を初め、対象となる山の関係者の安全を祈願する神事です。富士山の場合には浅間神社で執り行われることになります。

但し、浅間神社は国内に約1300もの神社があるので、どこで行われるのか知らない人も多いと言えましょう。また、静岡県と山梨県の県境に位置する山であり、それぞれの浅間神社で神事が執り行われます。

静岡県の富士宮市にある浅間神社は、富士山本宮浅間大社と呼ぶ場所、こちらは全国に約1300社ある浅間神社の総本山になっています。富士山本宮浅間大社・村山浅間大社では山開きが7月10日に、山梨県側の北口本宮富士浅間神社では7月1日に行われることになります。

また、山梨県側では鳥居公園から北口本宮富士浅間神社にかけて、前夜祭が6月30日に開催、静岡県側の神田川ふれあい広場では7月10日花火大会がそれぞれ行われるなど、富士登山2018についての情報を集めておきましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *