新元号の元年に登る富士登山2019!

富士登山2019がツアー各社から案内されています。

新元号の元年となる初登山を富士山で!というコンセプトを各社打ち出し、7~9月の一般登山ツアー参加者を募っています。この企画は毎年人気が高く、富士山が世界遺産に登録されてからは一層人気が過熱しているようです。ツアーの概要は、登山が可能な富士山の5合目までバスで案内、参加者は登山にトライ、下山後バスで出発地に送り届けるという内容です。登山ルートは主に4つあり、富士宮・吉田の人気ルート、他に須走・御殿場の2つのルートがあります。

目的や好みに応じてルートを選択することになりますが、ムリをしないで自分のペースで登ることが大切です。添乗員さんやガイドさんがいれば的確なアドバイスをもらえますので費用がかかりますが、付き添いコースを選ぶと初心者でも安心して登山することができます。富士登山バスツアーのほとんどは、7~8合目の山小屋での仮眠・休憩が設けられています。高山病の症状は7合目あたりから出始めることが多いので、初心者は7合目での休憩プランがおすすめです。

山頂に登った後、山頂を周遊するお鉢めぐりというプランもあります。富士山は登山施設が充実しており、登るというよりはトレッキングをする感覚です。したがってピッケル・アイゼンなどの重装備は全く必要ありませんが、歩きやすい靴や風雨や寒さをしのげる装備はしないといけません。上着・靴・雨具・ザックなどを購入すると数万円かかりますがレンタル品の利用も可能で、これだと1~2万円程度で済みます。富士登山2019のツアーのほとんどは、登山後の入浴が計画されています。このときが一番登山の充足感があるという方も多いので、思いっきり満喫してください。富士登山2019の企画によっては、5合目に到着後はフリーというプランもありますので、お土産屋さんなどが充実している5合目で遊んで過ごすという独自のプランもありです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *