富士登山2019を充実したものにするためのポイント

「富士登山2019」を充実したものにするためには、基本的なことを守っておく必要があります。

まずは山開きで、こちらは例年7月1日が登山解禁日になっていることは現在のところは例年と変わりありません。山梨側ルート・静岡県ルートともに9月10日には閉山します。この2ヶ月余りの期間しか一般客の場合は通常は利用することは難しいです。開山期間外でも登れなくはないですが、基本的には熟練の登山家しか登れません。これは開山期間以外は雪道になっていることが多いためで、雪山登山の経験がある登山者以外では難しいです。また、高山病になったときのサポートももちろんありませんので、最悪の場合は死に至る危険もあります。

そのほか、冬山登山では雪崩に巻き込まれたりルートを間違えることなどで遭難する可能性や滑落する可能性も考えられるため経験者の同行なしでは難しいでしょう。富士登山2019を充実したものにするポイントとしては、しっかりと無理のないスケジュールを組み立てることは必須です。体調不良に陥った場合には、決して無理をしないようにします。

酸素は当然ながら登るたびに少なくなっていきますので、少しずつ山の高度になれるようにしましょう。それから、こちらも当然といえますが迷惑になる行動を行うことは禁止です。登山客には、譲り合うなどの精神をもっておきましょう。環境保護のため、ごみは決して捨てないことも必須です。高山植物は、眺めて楽しむだけにしておきます。また、富士登山2019を考えるうえでもう一つ気を付けなければならないことは落石です。富士山では落石が複数回発生しており、死者まで出ています。登山道の情報なども、しっかりと確認しておくようにしましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *