スチールラックの種類と特徴

スチールラックは素材がスチール製であり、家具や衣類など様々な物を整理するために活用することができます。棚として活用できるますが種類も豊富なので設置する場所の広さや用途に合わせて、色々なスチールラックから選んで利用できます。種類として開放型タイプがあり、背面や側面や全面側に板が設置されません。四方が解放されているので、荷物自体を自由に出し入れ可能です。

棚を移動する必要がある時は、底面にキャスターを設置もできます。キャスター自体はストッパー付きを選ぶと、移動しない時も安全に設置可能です。背面と側面が板で付いているタイプがあり、板自体が棚の強度を上げているので横揺れに強いです。棚の中に置かれた物自体が落ちる事が防ぐ事ができ、棚毎に置く物を分けたりとする事ができます。

棚自体に仕切り板を設置することもでき、樹脂ファスナーなので簡単に取り付けも可能です。手前にこぼれ防止として縦仕切板を取りつけることもできます。棚の中に置く物が細かい時などは、こぼれたり整理するのが難しい場合は引き出しケースを設置する方法があります。引き出しの大きさによって、仕切り板自体は自由に設置可能です。

物の落下防止だけでなく埃なども防ぎたい時は、扉をつける事もできます。スチールラックは自分の利用する用途に合わせた種類を利用できるだけでなく、高さや幅なども数多いです。設置する場所のスペースや高さをしっかり測ってサイズを選ぶと、より見た目もよく利用しやすく活用する事が出来ます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です