個々の自由を尊重するオフィスレイアウトとデザイン

今、日本のオフィスレイアウトやデザインは、急速に変化しています。従来は、個別のデスクに会議室といったレイアウトが基本でしたが、仕事のやり方や個々の性質を十分に発揮させることが目的で、フリー(自由)を基本としたオフィスレイアウトが少しずつ浸透してきています。このタイプは、アメリカやヨーロッパ、IT企業に多く導入されていると言われています。特徴としては、個人の席を設定せず、自由に場所を決められることが挙げられます。

また、機能性を重視したデスクや椅子、内装のデザイン性の高さも魅力的です。型にはまらない自由な雰囲気の中、リラックスして仕事ができることや、様々な人とコミュニケーションを取りながら作業ができるというメリットがある他、無駄を省いたオフィスレイアウトやデザインは、コストの削減になるという声も耳にします。このような新たなオフィスには、北欧やヨーロッパに見られるような、機能性、デザイン性の高い家具や内装がマッチするでしょう。自由な雰囲気のオフィスが好まれる一方で、「仕事に集中できないのでは」という声も上がっています。

周囲に仕切りや部屋がない環境では、周りの声や動向が気になり、なかなか作業が進まないこともあります。また、個々の判断によりスペースを決定できるので、全体的なまとまりや、協調性が感じられないなどという見方もあるようです。フリースタイルのレイアウトやデザインは、日本ではまだ定着しておらず、これからオフィスを作る方は、あらゆるメリットとデメリットを考慮して決定することが重要です。専門家のアドバイスを参考にして進めていきましょう。

スチールラックのことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です