風水のアイデアを取り入れたオフィスレイアウト

風水とは占いと時々混同されますが、本質的には別物です。現在、風水を取り入れてオフィスレイアウトを組むのが流行っています。普通の占いは科学的根拠に乏しいものですが、風水は古来より人々の間で親しまれてきた実績のあるアイデアです。風水の通りにオフィス家具の再配置をすれば、仕事の能率がアップしたり、職場の人間関係が円満に改善される等、嬉しいメリットが数多く得られます。

風水的オフィスレイアウトはそのまま働きやすさに直結します。模様替えのチャンスを得たならば、方角と製品の性質を意識した上でレイアウトを再点検しましょう。まず北の方角には、長さがある本棚や書類棚を設置するのがベターです。金銭の流れを良くしたいなら、北または西側周辺に招き猫や開運グッズを置きましょう。

応接用のソファやテーブルがオフィス内あるなら、それをコンパスの北西方向に設置すれば、金運アップの効果を得るため、クライアントとの交渉が優位に進められます。また南の方角は太陽の流れを取り入れる大事な方角です。日が差し込むように、無駄なインテリアを置かないようにオフィスレイアウトを組みましょう。北の方角にモノが集中しても人は対してストレスを感じませんが、南に大量のゴミや山積みの書類やファイルがあると、それだけで職場の士気は落ち込みます。

また東は風水的に「連絡・吉報」を呼びこむ方角です。パソコンや電話機、複合機やルーターを設置するなら、その方角が最も良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です