インテリアデザインとオフィスレイアウトの重要性

インテリアデザインはお部屋の外観を変える事だけではありません。職場や作業場の雰囲気を変える事で、働く意欲は大きく向上します。使い勝手の悪い家具の配置では、ストレスが倍増し、仕事の品質にも悪影響が現れます。オフィスには良いも悪いも慣例があります。

先輩の世代で作られたオフィスレイアウトは確かに合理的かもしれません。しかし、今現在働く人間の動き方にマッチしていなければ抜本的にインテリアデザインを改善しなければいけません。特にひと昔の職場はアナログ的な仕事を主体にデザインされています。現代のコンピューターやオフィス機器を多用する働き方とは別物です。

オフィスレイアウトを再構築する際は、まずスタッフがメインで勤務するPCデスクの位置を設定しましょう。PCデスクを設置する場所が決まれば、その周辺にプリンタやコピー機、複合機やファイルの棚、データを収納するメタルラック等をどんどん配置しましょう。メインのPCデスクからほんの数歩、歩くだけで全ての機器と棚にアクセス出来るのが理想です。そして次のオフィスレイアウトとして大事になりますのが、休憩所でしょう。

オフィスは戦場であると同時にスタッフがリフレッシュ出来るスポットでもあります。メインのPCデスクが視線に入る場所だとスタッフは安心してリフレッシュ出来ません。ビジネスの中心であるゾーンと休憩所の領域は可能な限り、距離を設けましょう。休憩所はパーティションを周囲に設置する等、プライベートな雰囲気を作り出せば、更にリフレッシュ度が増すでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です