オフィスレイアウトのデザインはプロにお任せ

オフィスレイアウトは企業実績や利益に大きく影響を与えると認知されて来ました。規律を守る事は大切ですが、肩書や立場に重きを置く日本の嘗ての制度では、自由で斬新且つ新しい発想が生まれにくく、若い力を発揮する環境造りが必要だと言われます。その1つがオフィスレイアウトです。部長は別室(個室)、窓際に課長席があり、部下全体を見渡せるデスク配置。

入口には新人が配置され、来客訪問時の受付を担う。これが会社で多く見られるレイアウトです。既にグローバル化の進む企業では取り入れていますが、デザイナーズオフィスとも呼ばれ、デザイン専門業者に依頼してオフィスレイアウトを決める会社が増えています。デザインと一言で言っても様々な種類がありますが、空間をデッサンする事もデザイン(デザイナー)の仕事です。

限られた空間の中で、多くの人が1日の半分以上を過ごすオフィスは、窮屈だったり移動に困難が生じる様では不便で快適性に欠けます。最低限の快適空間を確保した上で、デザイナーに求められるのは、先に述べた若い力を遠慮なく発揮出来る職場環境造りです。上司の視線を意識して業務に取り組むのではなく、利益や顧客を向いた仕事が出来る空間を提案します。公園の様に自由に動き回れる、固定されたデスク配置のないオフィスや、1人1人をブースで仕切って集中出来る環境を整えたオフィス等、今迄にない新しい形のオフィスが次々誕生しています。

年代を問わず社員に好評で、業績が伸びている実績も嬉しい効果です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です