オフィスレイアウトについて-オフィス空間

オフィスで働くの満足度を高め、より効率的に仕事を進めることができるよう、オフィスレイアウトの変更を検討する企業は増えています。オフィスレイアウトと言っても、漠然としていて、何を重要視してよいかわからないという担当者も多いことでしょう。今回は、見落としがちなオフィス空間について考えます。オフィスレイアウトでは、必要なデスクや椅子、収納家具、オフィス機器の設置、ミーティングスペースや福利厚生スペースの配置に注意が集中しがちです。

ですが、意外に見落としがちなのは、オフィス空間、特に、通路等を含め、何も置かないスペースです。この、何も置いていない余白スペースが多いほど、働く人々の満足感が増し、快適だと感じるようです。余白スペースの割合のボーダーラインはオフィス全体の7割という調査結果もあり、これより余白スペースが狭いと、そこにいる人々は、居心地の悪さを感じる割合が高くなるようです。では、この余白スペースをなるべく確保するために、どんな方法があるでしょうか。

事務所移転などで新しく家具を購入できる場合には、最近よく見かける省スペース対応のオフィス家具を導入することができるでしょう。また、スペース確保が難しく、家具購入にさほど費用がかけられない場合は、壁面収納を充実させて、それ以外の収納は高さを抑え、視覚的に広さを感じることができるよう工夫することもできます。オフィス空間の安全性や快適性は、そこで働く人を元気にします。オフィス空間を大事にする努力は、企業のイメージも向上させます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です