オフィスレイアウトについて-デスクスペース

会社移転や人事異動による人員の変動、より居住空間を快適にするなどの理由や目的により、オフィスレイアウトを変更する必要に迫られている企業は多くあります。今回は、特に、オフィスレイアウトで基本となるデスクスペースについて記載いたします。オフィスレイアウトで基本となるデスクスペースですが、単純に人数分の机や椅子を配置する以上のことが必要となります。デスクスペースは、職種や部署によって使用するスペースの広さや在席時間、より機密性の確保の必要性やコミュニケーションの度合いに差があります。

たとえば、オフィスのペーパーレス化を進めている企業が多いと思いますので、デスク周りがすっきりしている部署が多くなってきていますが、それでも、プリントした書類をチェックしたり、資料を広げて仕事をする必要がある職種もあります。また、より機密性を保持しなければならない情報を扱ったり、インサイダー取引を懸念しなければならない部署もあれば、逆に、チームのコミュニケーションが多く必要になる部署もあります。そのような様々な職種や部署が一つのフロアに集結している場合は、単純に同様のレイアウトにせずに、機密性を高めるためにパーテーションを多く使用したり、逆にフリーアドレス性の席にしたりすることができます。スペースに余裕がない場合は、デスクスペースを均一にする代わりに、作業スペースを設けるなどの工夫ができます。

快適なオフィス空間は仕事の効率を上げます。そのための努力はみなさんの会社の利益になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です