オフィスレイアウトについて-構成要素

昨今、オフィスレイアウトについて真剣に考えている企業は多いと言えます。また、オフィスの快適性の追求が喫緊の課題である企業も多いことでしょう。オフィスレイアウトでは様々な要素が関係しますが、今回は、オフィスに必要な構成要素について、それぞれのスペースに必要な点を考えます。まず、デスクスペースですが、在籍者のデスクスペースのほかに、外部からの訪問者のための作業スペースを設ける必要もあります。

その際には、配置場所やネットワークのセキュリティを考える必要があります。次に、収納スペースですが、様々な職種や部署によってどれだけの収納が必要か把握します。収納は、壁面収納のほか、各部署のスペースを区切る際に収納家具を用いることもできますが、その際は、低めの収納にすると、オフィスの空間が広く感じられ、働く人の満足度も高められます。ミーティングスペースには、キャスター付の移動可能なテーブルや椅子を配置すると、会議やセミナー等、様々な目的で使用することができます。

各種機器配置スペースには、コピーやFAXのほか、消耗品や共有の事務用品などを置くことができます。福利厚生スペースは、リフレッシュルームやロッカー、更衣室なども考えます。最後に、通路等ですが、人の動線や収納家具の扉があいた時のスペースのことも考え、安全性や快適さを考慮します。オフィスレイアウトにより、社員の満足度が左右され、ひいては、仕事の生産性や効率性にも反映し、最終的に企業業績に影響します。

寸暇を惜しまず、真剣な検討が必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です