スチールラックの選び方と注意点

スチールラックとは、金属製の棚のことで家庭やオフィスなどで幅広く利用されているものです。商品の在庫に利用したり、カタログなどの紙媒体を保管したりするなどその用途は様々。何よりも組み立て式であることから、搬入も容易で丈夫なのが最大の特徴と言えます。オフィスや自宅のスペースの大きさに合わせて対応もしやすく、デザイン性をこだわらなければまさに整理整頓の万能選手です。

選び方としては主に、そのスチールラックに何を置くのかという点が最も重要です。その理由としてはスチールラックごとにおける重量の目安があるためです。いくら丈夫だと言っても、耐荷重を超えてしまうと破損の原因になりかねません。もし思いものを置くようであれば材質をスチールにすることや、ボルトで固定するタイプなど耐荷重に余裕のある商材を選ぶと安心です。

ほかにもネットで探す場合は、寸法の違いにも注意しておくと部屋に入れたときにサイズが合わないなどのトラブルを避けられます。寸法のうち、「外寸」と呼ばれるものが全体の大きさです。実寸は荷物を置くことができるスペースなので、この大きさだと判断してしまうと部屋のスペースに合わないことになってしまいます。もちろん実寸も荷物を入れる大きさにかかわる重要な要素なので、外寸とあわせて確認しましょう。

ほかには、転倒や落下を防ぐための安全対策も重要です。特に会社の倉庫などを作る際には多くの荷物を置くことが想定されるため、レイアウト含め検討すると良いでしょう。スチールラックのことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です