スチールラックを5年間使用しての結果

キッチンにて3段式のスチールラック(メッキ加工で棚が網加工式)を使用した結果。購入は、近所のホームセンターで棚の高さが自由に変えれるのと重量があり安定しているため購入しました。このスチールラックをキッチンで使用するにあたりデメリットは、油汚れが付着すると、とても掃除がしにくいことがまず挙げられます。棚が網式であるため、油汚れが全ての段にいきわたり掃除をしだすと全ての段の物を移動させふき取りがしにくい点です。

棚以外は、オープンスタイルですので油と埃が混ざると困難な敵に早変わり。年末の大掃除後は、サイドと奥側にホームセンターで購入したボードを貼り付けました。翌年からは、掃除の手間も10分の1程度になり満足しております。メリットについては、重量があり強度も相当あるので何を乗せても安定し歪やガタツキは無いが、その反面模様替えは一苦労します。

次回にスチールラックを購入する際は、強度もさることながらもっと自由に拡張性のある組み立て式を購入しようと思いますが、拡張性のあるスチールラックはそれなりのコストが大きくなり、スチールラックの概念からは離れていく気がします。安価で数千円で購入できる製品と自由で拡張性がある高級な製品は、やはり置く場所とこだわりがなければ検討しずらいです。結論としては、最近はやりのDIYを駆使して各種ホームセンターなどで自分好みのラックを作ることが、一番理想に近いものになるようで次回はDIYに決定します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です