スチールラックは安全性を確保することにも役立ちます

大量の書籍類を維持管理するような場面があり、会社内で資料や各種データを保管することや、個人でも読書が趣味という方は保管する場所の確保が必要です。ホームセンターや家具店に行くと、書棚は販売されているので商品確認をして十分と判断できた場合は、そのまま購入する方法でも悪くはありません。ただし、一般的な書棚の場合は木製品が非常に多く、書籍はかなりの重量になるので使われている木材は厚めに作られていることと、柱部分も太めの木材を利用していることが目立ちます。数十冊程度の保管であれば問題はないものの、木製品ではなくスチールラックを購入する方が安定した使い方を行えます。

スチールラックはその名の通り、金属製のタイプが該当しているので、木製品とは異なり頑丈な素材故に薄型で収納力が抜群なラックとして活用できます。狭い空間を有効活用するには非常に向いているスチールラックは、棚の位置変更を自由に行えるタイプであれば、資料や書籍の収納には抜群の効果を発揮します。重量は木製品よりも重くなることが特徴なので、地震により倒壊してしまうと非常に危険です。この問題においては、製造元の企業で地震対策用の金具を付けていたり、もしもなければホームセンターで販売されているL字型の金具を用いてスチールラックと壁面を太めのネジで固定する方法で安全対策も十分に行えます。

そもそも木製品の場合は、書籍類の重量に負けて、棚の中央付近が湾曲してしまうことも良くあることです。この点においてもスチールラックは湾曲せずに長期利用を行えるので安心です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です