未払い残業代の請求について

長時間の残業を余儀なくされているのに残業代が未払いのままだと感じている人は少なくないかもしれません。労働の対価を要求するのは当然の権利で、例えば弁護士をたてて争うことも可能です。ですが、もちろんそれを立証できるだけの証拠が必要です。残業代を未払いを感じたら、普段から証拠を残しながら仕事をするようにしておくとよいでしょう。

そもそも残業というものは労働者が勝手に行うようなものではありません。管理職が命令するものです。もちろん何か証拠が残る形で命令が行われるようなことはあまり一般的ではないのかもしれませんが、例えばメールなどの形で指示を受けているなら、そのメールは残しておきましょう。立派な証拠になります。

このような直接的な指示や命令がなくても、上司から与えられた仕事を片付けるには到底時間内では終わらないから残業をせざるを得ないという場合にはもちろん残業代は認められます。時間内で終わらせるように管理監督する、もしどうしても急ぎの仕事などで残業してでも終わらせる必要があるならその分の賃金を支払うのは会社として当然のことで、従業員が勝手にやったことだからという理由での未払いが許されるはずはありません。ですが、本当にその時間まで仕事をしていたのかというのを立証する責任は労働者側にあります。ですから、直接的な残業の命令でなくても、例えば仕事に関するメールを残業中にしているのなら、それは残しておくようにすることは自分を守る方法の一つになります。

みなし労働時間制のことならこちら

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.