usjに夜行バスで行こう

関西圏以外の遠方からusjに行こうとする場合、夜行バスという選択肢を考えに入れるといろいろな面でぐっと可能性が広がるかもしれません。usjの近隣地域であれば別にさほど考えるようなことでもなく、行きたい方法、思いついた方法で行けばよいのですが、遠方ではそうもいきません。普通に思いつく方法としては新幹線やJR特急、場合によっては飛行機を利用することになるでしょうが、これらは常に最良の方法とは限りません。

まず、それなりの費用がかかります。これらの交通機関は基本的には国内で最も高い部類の交通手段ですから仕方がありません。また、乗り換えが発生するというデメリットもあります。さらに、夜間は運行されていませんから、早朝に出発したとしてもusjに着くのは例えばお昼過ぎになるかもしれませんし、当日中に帰着するためには午後の早い時間に現地を出発しなければならないかもしれません。

この点、夜行バスというのはこれらのデメリットを補ってくれる可能性があります。夜行バスはまず費用が安いです。一般的に言って、新幹線やJR特急を利用する場合と比較すると半額程度か、最近ではそれ以下というバスも多くなっています。また、ターミナル駅で乗り換えが必要な鉄道と異なり、一旦乗り込んでしまえば目的地まで乗り換えはありません。さらに、夜行バスの場合は眠っている夜の時間に移動してくれるのですから、その時間を有効活用できるという大きなメリットがあります。

usjに行くなら夜行バスが便利

usjに行くなら夜行バスが便利です。バス会社、旅行会社各社より出ています。出発地も東京や名古屋といった大都市部に限らず、地方からでも利用できるようになっています。各社から夜行バスが出ているとあって、どの会社もサービスに力を入れています。そのため、車中で寝て、起きたときには開園前のusjでしっかりと遊べ、また閉園まで過ごし、再び夜行バスで帰ってくるというのが可能です。

サービスの一例としては、女性が安心して過ごせるように寝顔を隠せるシートがついていたり、シェードがついていたりという配慮や女性客の隣は女性といったものがあります。また、運行中は寝ていることが想定されているため、ブランケットやフットレストつきのバスもあります。シートも3列シート、4列シートと充実しています。そのほか別料金になりますが、自転車の積み込みサービスを行っているところもあります。usjを楽しむために、バスは休憩場所という解釈のもと、各社がこのようなサービス戦略をとっているのです。

同じ目的地なのにサービスの種類によって料金は異なりますが、そこはニーズがあって取り揃えているメニューです。若干高かったとしても、個人で電車や車で行くよりはずっと楽ですし、安いです。バス料金とチケット代が一緒になっているケースがほとんどなので、改めてusjのチケットを購入する必要はありません。もちろん、各社とも夜行バスだけでなく、宿泊が楽しめるツアーも取り扱っています。あなたにあったものを選んで、usjを満喫してください。

usjへは便利なバスツアーで

関西圏におけるもっとも人気のテーマパークとして、usjは不動のものとなりました。常にアトラクションは更新され、映画の世界を自分の身で体験することができます。これらを楽しむ手段として、バスツアーを利用する人も増加中です。

そこには、合理的で快適な理由が存在します。テーマパークで遊ぶ際に問題となるのは、入場チケットの入手だけではありません。むしろ行き帰りの交通手段と、宿泊施設こそ適切に確保することが大切です。usjは連日大勢の人がつめかけるだけに、渋滞は避けられません。そのような中、長時間かけて移動していると、たいへんな疲労を伴ってしまいます。

体力が失われれば、アトラクションを楽しむどころではありません。その点、バスツアーは安全に運んでくれますので、参加者は眠っていても目的地に到着することができます。usjの魅力を満喫したいのであれば、時間をしっかりと確保しておくべきです。日帰りでは移動時間を考慮しなければなりませんので、やはり泊りがけのほうが、なにかと有利になります。

とはいえ、宿泊施設も争奪戦であり、個人では予約さえままならないことも珍しくありません。しかし、ホテル込みのバスツアーであれば、寝泊まりできる場所も完備されています。なにより、テーマパークに近い場所に宿をとることができますから、朝早くから楽しむことも可能です。usjバスツアーを活用して、その魅力を誰よりも味わっていきましょう。

usjでの滞在の仕方を考えて選ぶバスツアー

usjは日本でも最も人気のあるテーマパークの一つです。遠方から訪れる観光客の方も少なくありません。移動手段としては飛行機、新幹線、自家用車にバスといった方法がありますが、安く旅行に行きたい方はやはりバスが良いでしょう。

自家用車で運転をしてくるという方法もありますが、テーマパークで遊ぶと体が疲れてしまいます。疲れた状態で見知らぬ土地を運転することは心配ですので、体力と運転に自信がある方でないとおすすめできません。

その点、バスを利用したツアーは早朝に到着するツアーでも、日中移動をするツアーでも、寝ている間にusjに到着しますので、移動の時間を有効に使うことが出来る上に、体力的にも負担が軽いのが特徴です。

ツアーには、日帰りや宿泊を伴うツアーなど、様々な企画が販売されていますので、自分の旅の目的に合わせて選ぶようにしましょう。旅行にかかる予算を抑えたい方は日帰りが良いでしょう。宿泊にかかる費用がかからないので、最も安くusjで遊ぶことが出来ます。

また、日帰りであれば仕事や学校を休むことなく行って帰って来れるので、休みが取れにくい方にも良いでしょう。体力的に日帰りやバスで眠ることが難しいという方は宿泊がおすすめです。特に小さなお子さんが一緒にいると、ぐっすり眠らせることが出来ないと日中ぐずってしまうこともあり、大変な思いをすることもあるでしょう。遊び疲れた体をしっかりと休ませるためにはホテルに宿泊するプランが良いでしょう。