ちょっと変わった鍾乳洞観光をするならケイビング!

鍾乳洞観光というと、整備された道を進み、ライトアップされた鍾乳洞を見るイメージがありますが、それだけでは物足りない、もっといつもと違う観光をしたいという方におすすめなのがケイビングです。 Continue reading “ちょっと変わった鍾乳洞観光をするならケイビング!”

usjに夜行バスで行こう

関西圏以外の遠方からusjに行こうとする場合、夜行バスという選択肢を考えに入れるといろいろな面でぐっと可能性が広がるかもしれません。usjの近隣地域であれば別にさほど考えるようなことでもなく、行きたい方法、思いついた方法で行けばよいのですが、遠方ではそうもいきません。普通に思いつく方法としては新幹線やJR特急、場合によっては飛行機を利用することになるでしょうが、これらは常に最良の方法とは限りません。

まず、それなりの費用がかかります。これらの交通機関は基本的には国内で最も高い部類の交通手段ですから仕方がありません。また、乗り換えが発生するというデメリットもあります。さらに、夜間は運行されていませんから、早朝に出発したとしてもusjに着くのは例えばお昼過ぎになるかもしれませんし、当日中に帰着するためには午後の早い時間に現地を出発しなければならないかもしれません。

この点、夜行バスというのはこれらのデメリットを補ってくれる可能性があります。夜行バスはまず費用が安いです。一般的に言って、新幹線やJR特急を利用する場合と比較すると半額程度か、最近ではそれ以下というバスも多くなっています。また、ターミナル駅で乗り換えが必要な鉄道と異なり、一旦乗り込んでしまえば目的地まで乗り換えはありません。さらに、夜行バスの場合は眠っている夜の時間に移動してくれるのですから、その時間を有効活用できるという大きなメリットがあります。

usjに行くなら夜行バスが便利

usjに行くなら夜行バスが便利です。バス会社、旅行会社各社より出ています。出発地も東京や名古屋といった大都市部に限らず、地方からでも利用できるようになっています。各社から夜行バスが出ているとあって、どの会社もサービスに力を入れています。そのため、車中で寝て、起きたときには開園前のusjでしっかりと遊べ、また閉園まで過ごし、再び夜行バスで帰ってくるというのが可能です。

サービスの一例としては、女性が安心して過ごせるように寝顔を隠せるシートがついていたり、シェードがついていたりという配慮や女性客の隣は女性といったものがあります。また、運行中は寝ていることが想定されているため、ブランケットやフットレストつきのバスもあります。シートも3列シート、4列シートと充実しています。そのほか別料金になりますが、自転車の積み込みサービスを行っているところもあります。usjを楽しむために、バスは休憩場所という解釈のもと、各社がこのようなサービス戦略をとっているのです。

同じ目的地なのにサービスの種類によって料金は異なりますが、そこはニーズがあって取り揃えているメニューです。若干高かったとしても、個人で電車や車で行くよりはずっと楽ですし、安いです。バス料金とチケット代が一緒になっているケースがほとんどなので、改めてusjのチケットを購入する必要はありません。もちろん、各社とも夜行バスだけでなく、宿泊が楽しめるツアーも取り扱っています。あなたにあったものを選んで、usjを満喫してください。