進化し続ける勤怠システム

昔から知られてる勤怠システムと言えばタイムカード。今でも使用してる企業がありますが、誰のタイムカードも本人以外の人が触ることができるので代筆、代返のようなことができてしまいます。本人が遅刻するとき、仲の良い同僚が本人に代わってタイムカードを押すことができるのです。ですがこれはあまりにも。

と言うことからでしょうか、最近の方法が非常に進化してきてますね。誰でも勤怠を打刻することができなくなってる方式で注目されてるのは、指紋や手相の部分に当たる静脈管理があります。センサー部分を見つめるだけの網膜で管理することもできます。まさに本人でなければ出勤や退勤を打刻することができませんね。

遅刻ばかりしてる社員もここまで進化すると誰かに頼めなくなります。勤怠システムはそればかりではありません。出張先からも打刻できるようになってます。スマートフォンやパソコンからインターネットを使用します。

勤怠システムへログインして出張先へたどり着いたら到着したことを表す位置をクリックして出勤完了になります。遠方からも管理でき、本人だけが打刻できる方法により、雇用側は安心して仕事を任せることができるようになりました。指紋や静脈を使用する勤怠システムは簡単に設定できます。指紋や静脈をセンサー画面にかざし、読み取ったら氏名を登録するだけです。

とてもスムーズに登録できますし、パソコンに慣れてない人でも苦労することなく打刻できます。勤務時間のことならこちら

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.